海と島と人間と・・・・旅が好き!


by Satoe-Umeda
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

レスリンと「蟻の兵隊」のこと

昨夜はパキシルを飲むのを止めて寝た。
すると、朝の目覚めが格段にいい。
普通・・・・に起きて・・・普通に動けた・・・・
エ~ッ、
て、いうことは、やっぱり、今までの脱力感と廃人っぽいの、単なる副作用!!
ウソ!

治ったの?鬱?って感じ。

このまま病院に行くのやめよかな~と思ったけど、パキシルがいかに駄目な薬か、
一言、医者に言いたくて、暑いのにがんばって行った。

びっくした。
待合室のドアを開けたら、「ナニゴト?」というくらいの、てんこもりの人々。
椅子にも坐れない人達がドアぎりぎりまで立って、待ってる。
仕方ないので、診察券だけ入れて、外で待った。
同じように外に立ってる女性に私、思わず聞いてしまいました。
「ここって精神科だけですよね?」

う~ん。世の中、落ち込んでる人が多いのだなあ!

待合室で70半ば過ぎ位の女性がいたので、「ひとりで来てエライなあ!」と思って
話かけたら、「45歳になる息子のために薬を貰いに来た」という。
聞けば、息子さん、歩いていて、車にぶつけられ、頭と腕をやられて、でも、示談にしてしまったので、後遺症で神経がやられても、泣き寝入り。
仕事にもつけなくて、もう3年になり、薬も5種類くらい飲んで、病院にも来られないのだそうだ。

ゾ~ッとした。
ひとごとではない。
いつ、自分がそうなるかもしれない。
私の場合、車で加害者になるかも。

「息子はもう治らない・・」と言うお母さんの顔は疲れ切っていた。

「絶対治りますよ!!」と励ましたけど。3年か。長いなあ。

薬はパキシルは断固拒否して、以前貰っていた「レスリン」にして貰った。

でも、なんだか、もう飲まなくていいみたい。
飲まないで様子をみようと思う。
心配してくださった方達。ありがとう!
コメント、すごく嬉しかった!

夜、「ヒューマン@」ナントカという番組を見た。
今年の靖国神社参拝は去年より5万人も増えたそうだ。
若者の参拝が多いという。
無関心よりかはいいのかもしれないが、「軍国主義」に
憧れているのなら、怖いことだ。
そう、彼らはなにより戦争を知らないから・・・。
まず「戦争」の実態を知らなくては。
私もギリギリ戦後生まれで戦争は知らない。でも、「軍隊」の非人間性とか、
戦争の惨たらしさは知識で知っている。
どうしてだろう?
親から聞いたわけでもない。
多分、戦争のことが書かれた文学作品とか映画からだと思う。
今はそおいう本とか映画に触れる機会がないのだろうか。

幸い「蟻の兵隊」という映画が今、かかっている。
番組では女子大生が中心になって「蟻の兵隊の映画を観る会」
のことを紹介していた。
彼らのしなやかな活動をにこころから尊敬する。
すごいなあ。
私もなにかしたいと思っても、なにもできない。
番組で彼らの姿を見て、救われた気がした。
よわっちい大人です。
情けないなあ。

「蟻の兵隊」その他の情報
「蟻の兵隊mixiコミュ
「蟻の兵隊と竹薮勝手連」
[PR]
by Satoe-Umeda | 2006-08-19 23:32