海と島と人間と・・・・旅が好き!


by Satoe-Umeda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

第18回「秋山清・コスモス忌」

東京、神楽坂まで、秋山さんの第18回「コスモス忌」に行ってきた。。
去年14年ぶりに参加して以来、引き続きの参加。
講演は長谷川龍生さんの「秋山さんの記憶のきびしさと優しさ」と、長津忠さんの「秋山清と私」
去年の会で、ぱる出版から「秋山清著作集」が出るという話だったが、今年の会では、もう全12巻のうち、別巻1冊をのぞいて11冊が刊行されている。
驚くべき速さである。
第8巻「近代の漂泊」で私は秋山さんの「恋愛詩集のことなど」と題した月報を書いた。
e0006048_20402878.jpg

龍生さんは今年78歳。
18年ぶりくらいに、お目にかかったが、少しも雰囲気が変わらないのにびっくりした。若い!

e0006048_20505199.jpg

秋山さんの愛弟子の坂井ていさんと。彼女が「コスモス忌」をきりもりをしている。
ふと、思いついて1988年、10月9日に行われた「秋山清の会」での、ていさんと私の写真を載せてみる。う~ん。太った!二人とも。
e0006048_20585640.jpg

e0006048_212351.jpg

左端が40年くらいのお付き合いの詩友・暮尾淳。
ちなみに1988年での暮尾さんと私はこんな感じだった。
e0006048_21667.jpg

e0006048_2191166.jpg

左端が「評伝金子光晴」を書いた、詩人で俳人の原満三寿さん。
右端は龍生さん。カッコが若くて、それがよく似合っている~。
ちなみに1988年での原さんと私はこんなふう。
原さんとは「金子光晴の会」で20年近いお付き合い。
ヒエ~ツ、原さん、ワカッ!
e0006048_2114882.jpg


昔の写真を見ていたら、
秋山さんちに遊びに行った時の写真が出てきた。懐かしい!
秋山さんはたしか、体調を崩してお休みしていた時でお見舞いに行ったのである。
撮影者は坂井ていさん。
e0006048_2145478.jpg

ついでに新宿「モッサン」でのコスモス忌。89年11月25日。
真ん中の男みたいなのが私。
隣が桃山晴衣。奥の方にていさんの顔が見える。
ていさんの前が確かモッサンのママ。
e0006048_21464662.jpg

[PR]
by Satoe-Umeda | 2006-12-18 20:40