海と島と人間と・・・・旅が好き!


by Satoe-Umeda
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ぶどう膜炎 その後

現状はごく薄いカルピス状態から、
「お吸い物」状態に。
つまり右目のかすみ具合が。

瞳孔を開く薬を一日に2回挿しているので、そのせいかもしれない。
正常な左目に比べると右目は3倍くらい大きい。
視力がぼやけるのも、そのせいがあるような気がする。
よくはわからんが。

「ぶどう膜炎のいくつかは完治が難しく、
いかに視機能の低下を防ぐかに、治療の主目的が、おかれている」
と、病院から貰ったパンフレットには書いてある。

しかし、私の点眼薬は最初の病院で貰った2つ(抗菌剤と、炎症をとめる
ステロイド剤)と瞳孔を開く点眼剤だけで、かわらない。

これを、毎日、時間表をつくって挿している。
2時間ごと・・なんてのは、アッというまに2時間がたってしまう。

視力が元通りにならないかもしれない・・・
いや、戻る!!
その交互の気持ちのゆれのなかで
過ごしている。

いや、暑い暑い夏である。
[PR]
by satoe-umeda | 2007-08-16 13:26