海と島と人間と・・・・旅が好き!


by Satoe-Umeda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:詩 ( 1 )

茨木のり子さん


2006年2月 東京都西東京市東伏見の自宅で死去 享年79歳
(茨木は一人暮らしで 2月19日 訪ねて来た親戚が
寝室で亡くなっているのを発見 尚 死因は不明)

今朝 インターネットを開いて
あなたの死を知った

東伏見の自宅には遊びに行ったことがある
33年前のことだ
茨木さん当時46歳 私28歳
2階にリビングとキッチンがあった
陽の射さない涼しい1階に寝室


焼き林檎をつくって下さった
金子光晴のことを話しあった
言葉遣いの美しい人で私は震え上がった
私は自分が下品な人だと思った

茨木さん

あなたはりりしく立つ一本の樹でした
仰ぎ見る弧高の峰でした

最期まであなたはあなたらしく死んでいった

私は想うことができます

今はあなたは
ひとりの無邪気な女の子となって
そう・・驪姫という娘のように
はればれと笑って
空の上
金子さんと戯れている姿を
[PR]
by Satoe-Umeda | 2006-03-01 02:12 | 詩