海と島と人間と・・・・旅が好き!


by Satoe-Umeda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ドジばっか・・・

昨日の夜で、ついに三個目の鍋を駄目にした。
ついついの長電話で。
2階のパソコン部屋まで強烈なカレーの焦げた臭いがして
あーっ、あーっ、あーっ

後は絶叫で電話を切る。

最近、たて続きに焦がしている。
ガスをつけて、キッチンを出たら、もう完全に、そのことをワスレテイル・・・。
ヤバッ!
マジ、いつかは火事になるぞ。

昨日の昼はスーパーで新サンマを2匹買って、サンマだけ忘れて帰ってきた。
「さあ、焼くぞ・・」と思ったら、ないではないか。
電話したら「おとり置きしておきます」だと。親切だなあ!

そして今日。
ユニクロでかわいい短パンをみつけて、ほくほくして帰ったら
キッズ」なの。
身長134センチ、ウエスト58センチ。
私、老眼だから、小さな字が読めなかったの。
でもさあ、どうやって、はくつもりだったんだろ・・・・私の脳内のこととはいえ
だ。
これも早速、電話したら「いつでもお取替えいたします」だと。レシート無くしたのに。

ドジばっか!
これってボケの始まり?
ゲ~ッ・・・・・・・嫌だなあ!
[PR]
by Satoe-Umeda | 2006-08-31 23:23

沖縄に行きます!


せつかく「鬱」が治りかけたのに
咳に引き続いて、「痒み」で眠れないとは!

「もう、こんな生活嫌じゃあ!!!」

で、今朝、いつものごとく発作逆上的に「そうだ沖縄に行こう!」
で、例のごとくネットで格安航空券探しまくり。
う~ん。2日前に決意してれば、今より13000円くらい安かったのに。
仕方ない。手を打とう。
変更不可のチケットを予約した。

9月10日の日曜から9月23日土曜日まで2週間。
以前だったら40日間くらい長旅するのだが、クウを娘に預けていくので
石垣と西表だけ。
石垣では1泊1500円から2000円くらいのゲストハウスで自炊。
西表では、いつものように「ミトレアキャンプ場」でキャンプ。
1泊600円で温シャワーもトイレ、洗面所もきれい。
自炊場もまあまあだし、なにより「まったり」くつろげるのがいい。
多分、アクテビティもきっと、同じことをするのだろう。
同じ海で、おなじみの魚たちと。

この痒みも海水に浸かれば、アッという間に治るさ。

そうそう、オーストラリアで「疥癬ダニ」にやられた時も
海で治した。

海は偉大だ。身もこころも治してくれる。
[PR]
by satoe-umeda | 2006-08-29 20:15

チャドクガの逆襲!

e0006048_19354510.jpg


昨日、久しぶりに庭の手入れ。
椿の枝などをはらう。
すると、小さな小さな毛虫が幾筋もの糸を垂らして、行列となって
投降してきた。
「ナニ?コレッ?」で、テキトーな殺虫剤がなかったので、
ゴキブリ用の薬を噴射!
それで「全滅した」と思っていた。

夜中、腕、その他がモーレツに痒くなって目を覚ます。
みると、写真のごとく。
(ごめんなさい。気味の悪いものをお見せして)

最初、蕁麻疹かと思った。
3時間くらい「ナンダロ?」と悶えた。
それから「アッ」と思い出した・
あれは「チャドグガ」だったのだ・・・。
襲われると毒針を噴射して逆襲してくるんだった・・・

小平の前の家でもこの毛虫に襲われ、樹齢30年以上たってるのを、
泣く泣く切り倒したんだっけ。
喉元過ぎれば熱さ忘れる・・ってこのことね!

あんまり痒くて眠れずネットで「対策」を詮索したら、
「2,3週間は痒い・・・だと!」
「モウッ、嫌!」
私、なんかに呪われてる?
[PR]
by satoe-umeda | 2006-08-29 19:34

初めての動画

クウ初めての動画
[PR]
by satoe-umeda | 2006-08-27 19:13
今朝、何気にマイミク(ミクシィのこと)で、波乗りBOY、たけちゃんのブログをみたら、こんなサイトが紹介されていた。
彼のコメントと一緒に紹介します。
たけちゃん。無断で紹介してごめんよ。

「オレ、泣いたから。
ちよっと良い話。
リンクの話も良いよ」

http://www.geocities.jp/jwnbf437/sintyan.html

私も恥ずかしながら、ナミダが滲んだよ。
う~ん。やっぱ、こおいう話に弱いわ。

実は娘たちが小さな頃、雑種の子犬を貰って、13年くらい生きて死んだ。
名前は「こるり」っていうんだけどね。
うん。
こるりのことを思い出しながらナミダが滲んだのかも・・・。
[PR]
by Satoe-Umeda | 2006-08-27 13:06

ジヤングルを制覇

娘とMY畑へ。
曇り空で涼しいからジャングル制覇にはもってこいの日。

e0006048_22424990.jpg


このように文字通り「足の踏み場もない」
ひたすら黙々と雑草取り。
巨大なゴミ袋が6個満杯。

e0006048_22484883.jpg
e0006048_22491495.jpg








咳があいかわらずとまらないので、もしかしたらクウの「フケ?のせい?」
で、空気清浄器を買った。
クウ「エッ?私のせい?そんなこと知らんぽ~ん」
「気持ちいいなあ!でもこんなあられもない姿撮るのやめてよね~」
[PR]
by Satoe-Umeda | 2006-08-26 22:42

娘と夜の平塚

平塚に越してきて2回目の夜の平塚。
下の娘とデイト。
前からネットで調べていて行きたかった、活魚料理「水連洞」へ。
ここのお店はオーナー自らが一日おきくらいに漁にでて、獲った魚を生簀にいれ、
それを料理する。
お刺身がおいしかった。
オーナーは沖永良部のひとということを知った。
私は昔、沖永良部に行ったことがあるので懐かしかった。
西和美という島唄者のことで話が弾んだ。
2軒目は、これも前から行きたくて、でも、ひとりでは勇気がなくて、行けなかった「レイン」という
ライブバーへ。
でもあいにく、ライブはしてなかったので、入るのはやめて、「どうしょう?飲み足りないね~」
それで、やっぱり一人では、
e0006048_22383468.jpg
はいる勇気のなかった「ゆらり」という店に。
朝獲りたての「生シラス」がおいしかった。
私は湘南に越してきてはじめて、この「生シラス」というものの味をしったが、おいしいものである。
[PR]
by Satoe-Umeda | 2006-08-26 22:38

クウとシェルくん

クウが年下の男の子と初デイトした。
名前はシェルくん。貝のように真っ白なオカメインコで3ヶ月年下の美形くん。


e0006048_19482499.jpg
e0006048_19512667.jpg








クウ「はじめまして!」・・ペコリ。シェルくん「ふ~ん。姉貴か!ボクの頭のケ、リッパだろ?」
シェルくん「アレッ?姉貴のホッペがオカメみたいに赤いよ!」




e0006048_2072125.jpge0006048_20034.jpg









クウ「なにいってるの。あななもおなじオカメなのよ」シェル「ふ~ん。そうか~」
マメルリハのティムくん「私の弟をイジメたら承知しないからね!」
クウ「シェルくんと友達になりたいだけだよ~」

e0006048_2085369.jpg
e0006048_2095285.jpg








クウ「なんだかおいしそうなものがある~」
シェルくん「よかったら食べていいよ~」
クウ「ほんと!シェルくんって気前いいね~ヘへ・・ゴチになろっと!」
シェルくん「一緒に食べよか!」

e0006048_20145320.jpg
e0006048_20152334.jpg







クウ「なんていったって粟の穂よねえ!いいなあ!シェルくん毎日貰ってるの?」
シェルくん「うん。当然だよ」
クウ「ウチはケチだからたまにしかくれないの・・・」
シェルくん「かわいそうだなあ!いっぱい食べていきなよ」
クウ「ありがとう!そうするわ!」
シェルくん「後でボクのお得意のミッキーマウスの唄を聴かせてあげるよ」
クウ「唄、すごく上手だったよ!また、一緒に遊ぼうね。今日はありがとう!」
シェルくん「うん。でも、ボクのシッポを噛むのはやめてね。」
クウ「お近づきのシルシよ!」
シェルくん「?????」

番外編。クウはシェルくんのお母さんにイッパイナデナデして貰って、至福の時を過ごしました。

e0006048_20271997.jpg
e0006048_20274320.jpg








帰りの車の中でお母さんはシェルくんが歌っていた「ミッキーマウス」の唄を鼻歌してた。こんなに楽しそうなお母さんは久しぶり。シェルくん。そしてシェルくんのお母さん。今日はすっごく楽しかったよ!ありがとう!また、一緒の遊んでね!
[PR]
by Satoe-Umeda | 2006-08-24 19:50

泥棒猫みたいに


e0006048_235219.jpg


久しぶりに畑へ。
夕方、コッソリと、泥棒猫みたいに。
「誰かに会うと嫌だなあ・・」
というのも、MY畑はものすごいことになってるからだ。
ジャングル。雑草伸び放題。弱肉強食。
ヒマワリとキクイモとゴーヤー、サツマイモ、シソ、モロヘイヤが勝ち組
カンペキに駆逐された負け組もある。
沖縄葱、インゲンマメ、キュウリ、ズッキーニ、シシトウ、葱、ニンニク、ミツバ・・・
あとはなにがなんやら。
パッパッパッと収穫だけする。
ナス、トマトは雑草のなかでなぜかすくすく育っている。
ゴーヤーは出来すぎて、冷蔵庫のなかで5、6本腐らせてしまったが、
それでも、生っていれば、収穫するしかない。
娘たちに送ろう。

e0006048_2361739.jpg
e0006048_2364024.jpg








抗鬱剤のレスリンは昨日から飲み始めている。
2日ほど、飲まないでいたら、読書とビデオしか興味が持てなくなってる自分を発見して、
ヤバイ・・・と。
今度の薬は副作用はない。
悲観的な気持ちが少しずつ和らいできている。

谷内修三さんとの往復詩を本にするということで、ゲラがきていて、
開ける気がしなかったのが、今日、一気に目を通し、直しもできた。

やっぱり私にはレスリンがあうようだ。
薬はそのひとそのひと、効き目が違うのだろう。
ネットで調べるとレスリンが全く合わないひともいるみたいだから。

あさっては、クウを連れて、同じオカメインコを飼っている人の家に行く。
ネットで知りあった「オカメ友達」
クウは雛時代をのぞけば、いわば、ものこころついてからは「鳥」に会ったことがない。
鏡のなかの自分だけしか知らない。
どんな反応をするか今から心配なような、楽しみなような・・・ドキドキ・・・
悪い影響がでなければいいが・・・
どうしょう・・・・

e0006048_2374881.jpg
e0006048_238833.jpg







e0006048_2383383.jpg
e0006048_2385096.jpg
[PR]
by satoe-umeda | 2006-08-22 22:51
昨夜はパキシルを飲むのを止めて寝た。
すると、朝の目覚めが格段にいい。
普通・・・・に起きて・・・普通に動けた・・・・
エ~ッ、
て、いうことは、やっぱり、今までの脱力感と廃人っぽいの、単なる副作用!!
ウソ!

治ったの?鬱?って感じ。

このまま病院に行くのやめよかな~と思ったけど、パキシルがいかに駄目な薬か、
一言、医者に言いたくて、暑いのにがんばって行った。

びっくした。
待合室のドアを開けたら、「ナニゴト?」というくらいの、てんこもりの人々。
椅子にも坐れない人達がドアぎりぎりまで立って、待ってる。
仕方ないので、診察券だけ入れて、外で待った。
同じように外に立ってる女性に私、思わず聞いてしまいました。
「ここって精神科だけですよね?」

う~ん。世の中、落ち込んでる人が多いのだなあ!

待合室で70半ば過ぎ位の女性がいたので、「ひとりで来てエライなあ!」と思って
話かけたら、「45歳になる息子のために薬を貰いに来た」という。
聞けば、息子さん、歩いていて、車にぶつけられ、頭と腕をやられて、でも、示談にしてしまったので、後遺症で神経がやられても、泣き寝入り。
仕事にもつけなくて、もう3年になり、薬も5種類くらい飲んで、病院にも来られないのだそうだ。

ゾ~ッとした。
ひとごとではない。
いつ、自分がそうなるかもしれない。
私の場合、車で加害者になるかも。

「息子はもう治らない・・」と言うお母さんの顔は疲れ切っていた。

「絶対治りますよ!!」と励ましたけど。3年か。長いなあ。

薬はパキシルは断固拒否して、以前貰っていた「レスリン」にして貰った。

でも、なんだか、もう飲まなくていいみたい。
飲まないで様子をみようと思う。
心配してくださった方達。ありがとう!
コメント、すごく嬉しかった!

夜、「ヒューマン@」ナントカという番組を見た。
今年の靖国神社参拝は去年より5万人も増えたそうだ。
若者の参拝が多いという。
無関心よりかはいいのかもしれないが、「軍国主義」に
憧れているのなら、怖いことだ。
そう、彼らはなにより戦争を知らないから・・・。
まず「戦争」の実態を知らなくては。
私もギリギリ戦後生まれで戦争は知らない。でも、「軍隊」の非人間性とか、
戦争の惨たらしさは知識で知っている。
どうしてだろう?
親から聞いたわけでもない。
多分、戦争のことが書かれた文学作品とか映画からだと思う。
今はそおいう本とか映画に触れる機会がないのだろうか。

幸い「蟻の兵隊」という映画が今、かかっている。
番組では女子大生が中心になって「蟻の兵隊の映画を観る会」
のことを紹介していた。
彼らのしなやかな活動をにこころから尊敬する。
すごいなあ。
私もなにかしたいと思っても、なにもできない。
番組で彼らの姿を見て、救われた気がした。
よわっちい大人です。
情けないなあ。

「蟻の兵隊」その他の情報
「蟻の兵隊mixiコミュ
「蟻の兵隊と竹薮勝手連」
[PR]
by Satoe-Umeda | 2006-08-19 23:32