海と島と人間と・・・・旅が好き!


by Satoe-Umeda
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

8回目

ていらした。
両手を帯にしっかりとかけ、顔は上向き加減に虚空を睨んでいらした。周りは賑やかな雑踏があったはずなのに、なぜか私は金子さんが無人の荒野にぽっんと立っておられる錯覚に襲われました。
それほど、金子さんの周りには寂寥とした空気が流れていたのです。で、「ごめんなさい」と駆け寄った私に、金子さんはからりと表情を変え、それはいつもの優しい金子さんでした。

遅刻ということでいえば、金子さんは一度も遅刻をしなかった。
いつも時間より早くいらして「文集」という文字が刷り込まれた緑色のノートに、ウオーターマンの太い万年筆で、何か書き物をしていらした。
金子さんはどこででも書かれるひとで、書斎よりも喫茶店とか電車の中とか腹ばいになり枕元で書かれることが多かったそうですが、「お待たせしました」と近づくと、さっと隠すようにして、しまわれるのが常でした。
それで別れの時間が来ると、金子さんは「じゃ」と、手を肩の辺まであげて、くるりと背をむけて、少しよろめくような足取りで帰られるのですが、その後ろ姿がものすごく寂しいのです。なんと表現したらよいのか。周りの風景が一瞬、みんな白茶けて、写真のネガにされていくような、途方もない寂しさといったらいいのか。もう二度と「金子さん」などと呼び止められない孤独感が、その後ろ姿にあって、あんな寂しい後姿を私はそれまでに見たこともなく、亡くなられた後もありません。



最も金子さんはひとりでおられるときは怖いほど寂しげな人だったと思います。
あの3畳間でも、そおいう金子さんを見たことがあります。
私はかならずご都合を聞いた上で、伺ったのですが、時には呼べども叫べども家の中は閑として音のないことがありました。金子さんがいらしても、お耳が遠いので、私の声など聞こえるはずもなく、仕方なくあがりこんで、3畳間を覗きこんで、ギョツとしました。
そこに金子さんは座っていらした。
実に暗澹たる表情でほとんど呆然として。
外は薄暗く明かりもつけないその部屋のなかには地獄の亡霊でもさまよっているかの様な陰鬱ななにかがみなぎっていました。
そのときすでに長編詩「六道」の構想に全力をあげて、取り掛かっていらしたのだと思います。そのころ、机の上にはいろいろメモあって、なかでも一際大きく「六道」とあり、丸印がつけてあったからです。
肉体の衰えは一段と進んでいて、それでもなお断ち切れない創作への欲望が、青白い炎をあげているような、まるで鬼火のようでした。
[PR]
# by satoe-umeda | 2008-01-12 15:29

9回目

声をかけるのをためらっている私に金子さんはようやく気づかれ、「あ、元気」と、今までの苦渋に満ちた表情はふいと、かき消され、はにかんでいるようなおおらかな笑顔を向けられました。
その明暗の激しい入れ替わり・
すごい人だと身震いしました。
金子さんは晩年、エロ話のうまいフーテン老人のようにマスコミに扱われて、飄逸というか、洒脱というか面白いトリックスターのような扱われかたをして、若い人達にも、ヒッピーの元祖みたいに思われ、それはそれで金子さんの一つの表情ではありますが、その下には寂しげな悲哀に満ちた、もう一つの表情が隠されていて、そして、これこそが金子さんの本当の素顔ではなかったかと私は思うのです。
そういう金子さんが私は、好きでした。

おおよそのところ、金子さんの素顔を中心にお話したのですが、後は折に触れ読んだ金子さんの書かれたものの中から、私の生き方というか、根っことなって根ついてしまった言葉の、ほんの6つほどを、拾いだしてお話したいと思います。

「理想は悲劇だ」
これはどこかで読んだ言葉でしたか。
どきりとしました。
金子さんは集団とか組織つまり「穴ぼこ」に入ることを徹底して嫌いました。「穴ぼこ」にはいれば、それが小さな穴ぼこでも、そこには政治性が生まれ、なんらかの正義なり理想が目指される。そのために気を揃えなくてはならない。
そういうことが人間をどんなに駄目にしているか。
人間はまず個人である。
その個人の考えを自由を、つまり「自分」を徹底して大事にする。
戦前、戦争中に書かれた「鮫」「おっとせい」などのいわゆる戦争抵抗詩、反戦詩と呼ばれたものも、なにかの政治的イデオロギーで書いたわけではなく、あくまでも自分の個を圧迫し、自分の自由を奪うものに、本能的に、生理的にほとんど、衝動的に抵抗したわけで、金子さんはそおいう意味で、徹底して自分の本能、生理に忠実だった。
誰がなんといっても嫌なものは嫌。嫌いなものは嫌い。好きなものは好き。そおいう我儘をとおしたひとだった。エゴイスト、我儘というと、なにか悪いことのように言われますが、集団の中で我がままを通すことほど難しいことはないのです。日本という国は、その点で、いざと言うときにはまず「個」が我慢することを強いる国なんです。
戦後民主主義とかなんとかいいながら、土壇場にくると、全体の方を大切にする。
金子さんは子供の頃、ツッパリで登校拒否児でしたが、あれから学校教育の本質は全然変わっていない。集団に従わない者は「協調性」がないという発想です。
[PR]
# by satoe-umeda | 2008-01-12 15:28

10回目

理想の一番はっきりしたものは政治運動で、私がこの「理想は悲劇だ」という言葉に出会ったのは、丁度、連合赤軍の事件の真っ只中でした。中国の文化大革命も、カンボジャのポルポトも「理想」や「正義」の名のもとにどんなひどいことをしたか、数え上げたらキリがありません。
そういうことでいえば、今度の「オウム事件」もまったく彼らの「理想と正義」のために起こった悲劇で、なぜ、彼らがオウムに入ったかということでいえば、私は長編詩「寂しさの歌」の一節を思い出します。

「寂しさの釣りだしにあわないこと」
これは長い詩のなかにほんの1行差し込まれたフレーズですが、私の心にガッキと食い込んで、離れない言葉です。
その前後も含めて数行、読んでみます。
(遂にこの寂しい精神のうぶすなたちが、戦争を持ってきたんだ。
 君達のせいじゃない。僕のせいでは勿論ない。みんな寂しさがなせるわざなんだ。
寂しさが銃をかつがせ、寂しさの釣り出しにあって、旗のなびく方へ、母や妻をふりすててまで出発したのだ)
金子さんは、この詩の中で、大きな不安のある時代には人はひとりでものを考え、ひとりで立つことに耐えられない。なにか大きなものにすがりつきたくなる。そういうことの危険性を訴えています。
いつの時代にもそういう事はあるのですが、とりわけ今回のオウム事件に則して言えば、麻原彰光という人物を絶対的な存在として、その命令に従おうとする若者たちを見ていると、まさに彼らは「寂しさの釣りだし」にあっているんだと思ってしまいます。

どんなことがあっても自分を失わないこと、そのことの辛さに耐え切れなくなって、つまり「寂しさの釣りだし」にあって他の大きなものに自分を売り渡さないこと、それは私の生き方の根本で、金子さんから学んだ大きなことの一つです。

「人の期待に応えようとしてはならない」
これもどこかに書いておられたのですが、「人の期待に応えようとしてはならない。応えようとして、駄目になっていく人を何人も見た」
これもずっしりときました。
金子さんは小さい頃から画を描くことだけはうまかった。学校でもトップで、誰からも将来「絵描き」になることを期待されていた。でも見事にその期待に応えなかった。人から期待されれば、だれでも嬉しいことですから自分に無理をする。自分を失うことがある。そのことを警戒しなさいということだと思います。

「自分が堕落だと思わなければ、何人男を変えてもいい」
これもどこかで読みました。
[PR]
# by satoe-umeda | 2008-01-12 15:26

11回目

「10人の男と寝ようが20人の男と寝ようが、自分が不潔だと思わなければ不潔でもなんでもない」
この言葉は女としてとても勇気づけられました。
男も女も好きになれば寝たくなるのが当然で、寝ないでいい関係を持つこともあれば、寝たことによって、わからなかったことが見えてくることもあります。
そういうことは男でも女でも同じことだと。
女だから不潔というのは片手おちであるといっているわけです。

「堕っこちることは向上なんだ」
これも金子さんの言葉ですが、金子さんには上昇志向のかわりに下降志向があった。普通の人間の反対なんです。金子さんは貰われっ子で、養父が亡くなった後に今でいう2億にちかい遺産が残ったのですが、実の親からの無心や金山に手を出したり、ベルギーで2年間暮らしたりして、約3年間でカラにしてしまう。その後、森さんと結婚してあばら家に近い家に暮らすわけです。そこの家賃さえはらえなくなって夜逃げを繰り返す。
借金取りに追われるような貧乏暮らしになる。
貧乏になると、関わりを恐れて離れていく人は離れていく。
金子さんはそのときのことを「犠牲の多い方法で人間を学んだ」
と、自伝の中で書いていますが、凄味のある言葉です。
お金持ちにはみんな一目おきますが貧乏人にはおきませんから。
中身は同じでも着ている洋服などで態度を変える人もいます。
そうして殆ど、無一文で森さんとともに海外へ5年もの無銭旅行をする。
オカマいがいがなんでもやったというくらい食い詰めて、飢え死にするしかないところまで追い詰められて、自殺まで考える。そこまで堕ちて金子さんは世間の最下層で生きる人達のことが、わがことのようにわかるようになる。
それはやはり「向上」だと思います。人生が深くなるわけですから。
先程、安南の国に伝わる伝説の詩を、この講演が始まる前に聴いていただきましたが、あそこで金子さんが歌っていた
「子よ、貧乏なんか恐れるな。岸伝いにゆく女の子を、水から首だけだして見送る子よ。かまわず丸裸で追いかけろ。それが君の革命なんだよ」
金子さんにとっても、この間の経験はやはり革命だったと思います。
詩の世界でいえば、デビュー作、華麗豪華な「黄金虫」の世界から、旅から帰って書いたあの人生の底を見てしまったような、透明な寂寥感のある「洗面器」と言う詩への、大転換、大変化が「革命」であったといっていいのでしょう。
金子さんは、結局、権威とか世間体とか、道徳とか、人間の外側を包む飾りをかなぐり捨てすっ裸の人間として生きたかった。すっ裸で勝負したかったのだと思います。
[PR]
# by satoe-umeda | 2008-01-12 15:09

12回目

そうして生きていることを、なまなましく深く深く実感したかった。
誰からも後ろ指を指されないで、常識の枠に収まっていて、怖いものには近づかず、良識ある文化人として、浮気はするけど、上手にしてなんてことは、金子さんには縁がなかった。
そおいう世界は、本当に生きているというヒリヒリした実感からは、遠い世界だからです。

「作品とは自分の恥のことだ」
最後になりましたが、作品を書く上では「こんなことを書いてはいけないと思うものを書きなさい」とよくいわれました。「作品とは自分の恥のことだ」と。
これはなかなか恐ろしい言葉です。こおいう作品を書くという覚悟を持つことは、自分を裸にして晒し者にするわけですから。

以上、おおざっぱに私に影響を与えたといおうか、私の生き方にずしんと届いた言葉のいくつかを紹介いたしましたが、結局、金子さんから受け取った一番大きなものは、私の場合一言でつづめていえば、「ヒリヒリした生の実感を、どれだけ沢山感じて生きていかれるかが、人生の勝負だ」ということです。
そのためには思うがままに生きよう。思うがままに生きるとは「人生、一寸先は闇」と覚悟することです。
長い間、聞いてくださってありがとうございました。
[PR]
# by satoe-umeda | 2008-01-12 15:01
隣町の二ノ宮、吾妻山へ友達とドライブした。
山頂には一足早い春!
菜の花が満開であった。
友とのお喋りはつきない。
広い芝生に寝転がって、いい時間。
e0006048_1563163.jpg

菜の花畑の向こうには青い相模の海。
暖かすぎて、富士山は見えなかった。
e0006048_1574919.jpg

マユミの木があちこちにあり、メジロが鈴なりだったが、
デジカメでは撮れない。
e0006048_159952.jpg

[PR]
# by satoe-umeda | 2008-01-10 15:09

山のリビング

朝、いつも、腰の痛さで目が覚める。
以前は朝、起きた時は痛くなくて、午後から背中痛が
火傷みたいな痛さであつたのに、
最近は普通の腰痛で朝痛い。
痛み止めが効くまで、ひたすらガマン。
少しラクになったら、
とにかくスニーカーを履く。
バックにお茶、ミカン、お菓子なんかも放り込んで。
歩いて30分。
湘南平の尾根にある「山のリビング」に行く。
木立のなかにテーブルと椅子があって
「リビング」とは私が付けた名前。
ここで、ぼんやりする。
いつの間にやら、痛さを忘れている。
e0006048_15323456.jpg

天気がよくて富士山が見えそうなら、展望台まで足をのばす。
海が一望できるベンチも近い。
帰りにロウバイが咲いているのを見た。
もう、こんな季節になったのだな。
e0006048_15345235.jpg

おおきなレモンの木もあった。
湘南は暖かいのか、庭先に夏ミカンとか柚子などのある家が多い。
e0006048_15385529.jpg

一人暮らしは100パーセント自由である。
そのかわり100パーセント自己責任、自己管理の世界。
けっこうきついときもある。
[PR]
# by satoe-umeda | 2008-01-09 15:40

下田への小さな旅

上の娘と下田に一泊の旅をした。
天気に恵まれて、海もおだやかに晴れ、
すがすがしいお正月でした。
遊覧船でカモメたちと遊んだ
e0006048_176175.jpg

e0006048_1762244.jpg

e0006048_17185951.jpg

ロープウェイで「寝姿山」の頂上へ。
e0006048_1764071.jpg

e0006048_1771872.jpg

e0006048_1773554.jpg

宿は下田大和館。
料理が素晴しかった

e0006048_17333299.jpg

e0006048_1753964.jpg

宿の前の海で。
e0006048_17351117.jpg


e0006048_17292197.jpg

下田海中水族館。イルカとペンギンが可愛い!
e0006048_1721098.jpg

爪木崎の岬は12万本の野水仙が満開。
最後に寝姿山の頂上にある写真館で「お姫様ごっこ」をした。
e0006048_1723205.jpg

お一人500円の安さで、すごく楽しかった!かつらがあったら、もっと変身できるのに。
[PR]
# by satoe-umeda | 2008-01-04 17:10

2008年 出発!!

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

2008年の目標は「健康第一」
こころとからだが健康であれば、ほかになにもいらない。

いい天気なので湘南平の山を登り、一山越えて
「高来神社」に初詣した。

e0006048_0021100.jpg

e0006048_00457.jpg

e0006048_01312.jpg


おみくじは末吉。
ひとの心に届く「優しい言葉」を心がけよ・・とのご託宣であった。
[PR]
# by satoe-umeda | 2008-01-02 00:02

100均で遊んでみた。

午前中はプールでエクササイズ。
がんばってるせいか腰痛も治まりつつある。
午後から、あんまり寒いので、
100均の紙粘土と絵の具で遊んで見た。
e0006048_22513789.jpg

e0006048_22515817.jpg

海で拾ったシーグラスと貝を使った。
超夏っぽい。
ま、いいか。
e0006048_22541222.jpg

1年前の4月から飼いはじめて5月にうっかりして、逃がしてしまった
愛鳥オカメインコの「クウ」を描いてみた。
クウのことは、殆ど、毎日くらい思い出す。
どこかで元気に他の人に飼われているといいなあ。
[PR]
# by satoe-umeda | 2007-12-25 22:52

メーリークリスマス!

e0006048_1585589.jpg

e0006048_1591771.jpg


昨日は娘二人と娘の彼氏とで4人でカラオケに行った。
カラオケは何年ぶりかしら。
娘に手伝って貰って、ミスチルの「しるし」「掌」「くるみ」
中島みゆきの「銀の龍の背に乗って」「ミルク32」をうたった。
そうそう私のオハコの井上陽水の「傘がない」
いつもながら、ドッと盛り下がるなあ。
結局4時間いた。
若者たちは元気だなあ!

今日はうって変わって、湘南平へひとり山歩きをした。
尾根に出ると、夏には木立に阻まれて見えにくかった海が
歩いても歩いても180度見える。
木立もすっかり枝と幹だけだから。
e0006048_157518.jpg

e0006048_15121618.jpg

e0006048_151233100.jpg

冬でも緑の葉をつける「青桐」の樹。
[PR]
# by satoe-umeda | 2007-12-24 15:07

クリスマスイブイブイブ

22日、娘達ふたりと、横浜みなとみらいに行った。
ランドマークプラザの一階のガーデンスクェアで、
巨大なクリスタルツリーに雪を降らせるイベントを見た。
e0006048_20135188.jpg

e0006048_11175640.jpg

e0006048_11182132.jpg

e0006048_11184236.jpg


汗ばむような暖かなホールで、どのようにして雪を降らせるのか、判らない。
でも大量に降ってきて幻想的だった。
69階のスカイガーデンに行き、上からの夜景を見た。
e0006048_11214836.jpg

e0006048_11233781.jpg

e0006048_11235722.jpg

e0006048_11241525.jpg

その後、近くの「万葉の湯」で、温泉でまったり。
露天風呂からもレストランからも夜景がみられて満足。
久しぶりの大都会だった。
[PR]
# by satoe-umeda | 2007-12-23 11:22

ハヤブサとカワゲラと

あいかわらず、腰痛に「痛い!痛い!」の
毎日である。
痛み止めの「バフアリン」を1回に2錠。
1日3回で6錠飲んでいる。
プールで、「水中ストレッチ」というのを
やるようになった。
勿論、筋肉をつけるためである。
不思議なことに水中では痛くない。

e0006048_22361611.jpg


天気の良い日は出切るだけ散歩をしている。
近くの川沿いの土手を歩く。
最近は双眼鏡を持って、野鳥を見ている。
今日はアオサギ、シラサギ、カワウ、カワラヒラの群れ、オナガの群れ
カモの群れ、カモメの群れ、オシドリの群れ、ハクセキレイ、キセキレイ
シロハラ、ツグミなどを見た。
川原でどっかりと携帯用の椅子に腰を下ろして
でかいカメラを覗き込んでいるおじさんに会った。
聞くと、「カワゲラ」の巣が目の前にあるのだという。
一緒にいると、
ホント!!
宝石のようなカワゲラが何度も何度も
目の前に止まったり、川に突っ込んだりする。
残念ながら、私のデジカメでは撮れない。

先日はハヤブサがカモメらしき鳥を捕獲して
対岸で、盛んに食事している光景にもお目にかかった。

冬は野鳥を見るにいいシーズンである。
e0006048_22355187.jpg

[PR]
# by satoe-umeda | 2007-12-20 22:36

カワセミとボラと。

あんまりいい天気なので、近くの川原まで、自転車で。
土手に腰をおろして、のんびりと川面を見物。
透き通った、水辺でボラがあちこちではねている。
近くで鮎釣りをしている釣り人がいたが、彼らの釣れるのはボラばかり。
飼っているタヌキの餌さにするんだとか。
カワセミが2度ほど、目の前を飛んだ。
美しい!!
桜並木の土手もいいが、枯れ草の土手も
天気がよければ、本当に気持ちがいい。
至福の時間であった。
これからせいぜい散歩しょうっと。

背中痛も腰痛体操と痛み止めで、なんとか・・・。

帰りの公園でイチョウとモミジが盛りだった。

e0006048_161763.jpg

e0006048_161274.jpg

[PR]
# by satoe-umeda | 2007-12-05 16:06

腰椎すべり症

背中痛がひどくなるばかりなので、たまらず、
平塚共済病院の整形外科に行った。
診断は「腰椎すべり症」
ぶどう膜炎の発症と同時に背中痛も始まったので
原因は眼精疲労とばかり思っていた。
でも、4ヶ月も毎日、絶えることのない痛みに
「これはオカシイ」

医者いわく「腰椎のズレは治りません」とキッパリ。
「治すには自力で、筋肉をつけるしかありません」とこれも、キッパリ。
私がおそるおそる
「整骨とか、接骨とか整体では治りませんか?」と
聞くと、「治りません」とまたも、キッパリ!!

これだけキッパリと言われると、
妙に納得してしまう。

そうか、今日の今日まで、「カラダにいいこと、なにひとつしてこなかった」
ツケが、まわってきたんだ。

自力で脱出するしかないようだ。

しばらくは、元気な皆さんから離れて
ひとりひっそり息ひそめてまいります。
[PR]
# by satoe-umeda | 2007-11-27 21:54

病気も悪くない?

11月7日に左目、ぶどう膜炎再発して、今日で12日目。
なんとか回復の方向に向かっている。
左目の再発はこれで2回目。
発症の時を含めると、3回目である。
繰り返すと治りが遅いと、本に書いてあった。
その通りであsる。

今は毎日、「朗読図書」というテープやらCDを、図書館から
借りて聴いている。
平塚市内の図書館は4館あって、朗読図書は2千点以上ある。
これを毎日、図書館のHPから、リクエストして、
我が家から一番近い図書館で、受け取れるようにする。
歩いて10分足らずのところにある。

図書館が近いのは無上のシアワセである。
本は読めなくても、朗読で聴ける。

一日、4、5本聴いている。
こんなにのんびり聴けるのも目の病気で、他にすることがないからだ。
世界の名作もこれで聴いている。

案外と病気も悪くない。
[PR]
# by satoe-umeda | 2007-11-18 19:58

油断大敵火ボウボウ

今週水曜日、11月7日

またもや「ぶどう膜炎」再発である。
今回は最初の発症時くらいヒドイ。
目の前が濃厚なカルピス状態である。
昨日、東海大伊勢原付属病院へ。
バス三回乗り換えて、片道1時間半である。
眼球注射をして点眼、一日に8回。
病院にも週1通わなくては。
勿論、車運転は駄目。
ワンデーアキュビユーも駄目。
一からすべてやり直しである。

目の方はもう治ってきていると油断していた。
むしろ、背中の痛さでヒイヒイいっていた。

油断大敵火がボウボウ。
泣き面に蜂。
もう矢でも鉄砲でも持って来い!

わしゃ知らん!
死体である。
ただ、この死体は痛たがるので困る。
[PR]
# by satoe-umeda | 2007-11-09 12:06

背中痛

目の方はどんどんよくなっている。
反対に背中の痛みはどんどんひどくなっている。

もう3ヶ月も続いている。
一日たりとも痛くない日はない。
最近は朝、起きたときから痛い。
貼り薬は一向に効かないので
バッハリンを2錠づつ、朝と夕方に飲んでいる。
胃の方が心配だ、。

痛みは、ピリピリした痛みで、火傷の軽症の感じ。
移動しているから、内臓からではないと思うけど。

先日、あまりの痛さに耐えかねて、ネットで調べてHPの
立派な「整体・カイロプラチック」という、平塚駅前の
ところにいった。
ところがこれが不正解。
マンションの一室で、テレビのサスペンスドラマが大音響で
かかっているところに、70くらいのおじさんがひとり。
おじさんはテレビを観ながら施術なさる。
ストレッチもどき。
15分くらいして、後はマッサージの椅子と電気治療。
初診料2000円こみで6千円。
領収証もださない。
もちろん診察券もなし。
家に帰るころから、痛みは前よりひどくなって、
その晩は眠れないくらいだった。
HPを信用してはならないということを学んだ。

今は背中の痛くない一日を!!
それだけが願いである
[PR]
# by satoe-umeda | 2007-11-06 09:45

箱根 千石が原のススキ

上の娘と箱根、千石が原のススキを観にいった。
休日なので、渋滞が怖くて、電車とバスで。
2時間かかった。
ススキの原は思ったより、小規模でがっかりしたが、
秋空の下で気持ちよかった。
あいかわらず背中が超痛いのだが・・・・。
e0006048_1824347.jpg

e0006048_1825126.jpg

e0006048_18253247.jpg
e0006048_18255375.jpg

e0006048_18313310.jpg

e0006048_18362782.jpg

[PR]
# by satoe-umeda | 2007-11-03 18:27
市の文化祭というものに始めて、出向いてみた。
東京の小平に住んでいるときも、公民館などで催されているのは
知っていたが、どうも、気が進まなかった。
今回は「朗読会」が2時間半もあると聞いて、興味を持つた。
最近は毎晩、朗読テープやらCDを聴いているから、
耳も肥えている。
朗読会は素晴しかった。
ちょつと、シロウトの域をでている。
発声が本格的である。

隣の部屋では、大礒の照ヶ崎海岸に飛来する、
国の天然記念物に指定されている「アオバト」の詳細な写真やら
レポートがあった。
アオバトの飛来は日本一の規模らしい。
全体が緑色で頭から胸にかけて黄色で雄は翼の部分が小豆色のとても綺麗なハト。
クチバシと目の周りは明るいブルー。
原産は熱帯の鳥らしい。
湘南平や近くを流れる花水川の土手を、毎週、野鳥観察している
「こまたん」というグループがリサーチしている。
楽しそうなので、私もこれから参加しょうかしら。
[PR]
# by satoe-umeda | 2007-10-28 21:49