人気ブログランキング |

海と島と人間と・・・・旅が好き!


by Satoe-Umeda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

名前をつける

オカメインコの雛
麻呂あらためて、「クー」にしました。
成鳥にならないと、オスかメスかわからないのだけれど、どうも女の子みたいだし。
「クー」の方が呼びやすいし。
これから20年のお付き合いだから、名前は大切だよね。
ちなみに15年ほど前に飼っていたセキセイインコは「ポカラ」
ネパールの地名です。
娘が自活してひとりで飼っていたセキセイインコは「カリブ」
言わずと知れたカリブ海。
ついでに言えば10年ほど前に老衰で死んでしまった雑種犬は「こるり」
これは「おおるり」「こるり」の野鳥の名前・・・・それを犬につけたもの。
野良猫飼いをしていた猫は「こごみ」「ぜんまい」「あけび」と野草の名前。
名前をつけるのは楽しい。
娘たち二人の名前も私が考えたもの。
二人とも気にいってくれてるみたいで嬉しい。
ところで私の名前は「智江」と書いて「さとえ」と読ませる。
誰も最初からそう読んでくれる人はいない。
いついかなる場合も名乗る時は「トモと書いてサトと読みます」と注釈つき。
これを何十年もやってきた。
ときどき、名付けた親を恨むときもあるけど、トモエよりサトエの方がやっぱりいいかな。
電話で「ともえさんいますか?」とか「ちえさんいますか?」というひとがいると、
娘たちは「お母さんのことよく知らない人みたいだから、いませんっていうの」と、
ちいさい頃いっていたものだ。
なにかの本でよんだのだけれど、姓はともかく名で漢字でポピュラーな読み方でない人は
「ひねくれて育つ」か「変人」になりやすいとか。
赤軍派の「永田洋子」を思い出してしまう。
ヒロコと読むからね。
その伝でいけば、私も「変わり者?」
結構、親がつけた名前で苦労してる人もいるようだ。
by Satoe-Umeda | 2006-04-14 15:48